ママちゃんは最強漬け。

ふつうのおうちでマニアックに調べ上げるママちゃんの備忘録

土浦のドロ激しい情熱 - 矢口祥子さん(かえるかわる子さん)

アート展示を新しい価値観との出会いとして楽しんでいます、二児の母です。今回は、茨城県土浦市というドいなかでマイ新聞を刊行し続けていたら岡本太郎賞というものすごいアートの賞を受賞された、矢口祥子さんの個展を紹介します。 個展入口からもう、ごっ…

2021 課題図書「水をくむプリンセス」感想文のヒント集

知り合いの子の読書感想文、相談にのり始めました。二児の母です。「水をくむプリンセス」(小学校低学年) // リンク 「プリンセス・・・。うちの子が興味もってくれるかしら」と期待をもった、女の子をもつお母さまもいらっしゃるかな~と思うのですが、 …

2021 課題図書「そのときがくるくる」感想文のヒント集

まん延防止をまじめにやってて帰省できずにいたら親がぶったおれました、二児の母です。それはさておき、表題の課題図書はこちらです。「そのときがくるくる」(小学校低学年向き) // リンク 今回の課題図書の中では文章が多いですが、田舎の祖父母や野菜の…

2021 課題図書「あなふさぎのジグモンダ」感想文のヒント集

知り合いの子の夏休み課題の相談にのりました、二児の母です。 表題の課題図書「あなふさぎのジグモンダ」(小学校低学年) // リンク 小学校低学年というと、うちの子たちのことも振り返るに、「主人公はすごいと思いました」ぐらいしか感想がでてこない世…

2021 読書感想文 課題図書を選ぶポイント(小学校低学年編)

友人の子、夏休みの宿題どうしたらいいかわかんないって相談きたよ。二児の母です。 その子は小学校低学年、読書感想文は決定事項。 その年代の課題図書を全部読んでみました。 読書感想文で大切なのは、子どもが自分で気に入った(あるいは心に引っかかると…

縦長のビン入れエコバッグを作ろう

ビン用エコバッグ(コンビニ袋っぽい) お気に入りの酒屋さんで四合瓶を2本買うと、縦長でちょっと小ぶりなビニール袋に入れてくれます。 たたむとペタンコになるのに、脇がじゃばらに折ってあるから、厚みのあるビンがしっかり入るんですよね。あーそうそう…

ゲキハナ古屋悟司さんが考える「循環のマーケティング」

ゲキハナ古屋悟司さんの考える、地&風の時代過渡期の経営術、「循環のマーケティング」について解説しています。

この材料で、ちょっとええiPad袋が作れたよ

コットンキルト布地でも見た目がそんなにひどくなく、ラクに作れる iPad袋の作り方を紹介しています。

個人事業主がやよいの青色申告オンラインとe-tax使って確定申告した流れ

会社員ですが、前年に屋号で開業届を出し「副業をもつ」ことを始めました。今回初めて、税務署に完全オンラインで青色申告を提出しました。ここでは やよいの青色申告オンライン e-tax を使って、プチ副業さん程度の個人事業主として青色申告を提出した流れ…

がんになったら実際いくらかかるのか

結婚したときに、生命保険と医療保険を大手の保険会社で組んでいます。 最近になって、たとえば「高額療養費制度もあるし」とか、 保険が本当に必要なのかについていろいろ調べるようになりました。 久しぶりに担当さんとお話しする機会があったので聞いてみ…

bikke 2e のリヤチャイルドシートを外して専用バスケットを取り付けた

bikke 2e のリヤチャイルドシートを外して、bikke 専用大きいバスケット (RBK-BKCB) を取り付ける手順を解説しています。専用カバー(RBC-BIKB)のご紹介もしています。いずれもブルーグレーです。

子ども会の回覧板をLINEグループに変えるメリット、デメリット

子ども会の回覧板をLINEグループに変えました。そのメリットやデメリット、注意点についてまとめています。

ひとくちルマンドはルマンドにあらずなのか

ブルボンの有名なお菓子ルマンドと、新発売されたひとくちルマンドのおいしさを、味・食感・材料をもとに比較しています。

壁面チョークアート「未来のぶどう」

万年筆インク画家です。 活動の一環として、知人のスイーツショップの壁面にチョークアートを描いてます。 2週目の秋。タイトルは「未来のぶどう」 つるの先まで実がつき、ネックレスのように垂れ下がります。 全体はこんな感じ フランスの街角にある様々な…

PC を windows update したら wi-fi に繋がらなくなった時の復旧方法

万年筆インク画家ですが、表題の件についてすげえ時間とられて腹立ったので以下に超ざっくりと、考え方や手順などをまとめます。おこたえは、しません。 【自分のPCでこの問題が起きた原因】古いPCなので、新しい windows update をインストールした結果、 …

壁面チョークアート 2019夏

万年筆インク画家をやっている母です。 とかいって 先日も、恒例のスイーツショップ内壁面アートを描いてきました。 テーマは「いつも心に太陽を」ならぬ 「いつも心にかき氷を」。 壁右側のすきま。氷河。 毎度絵柄を考えるにあたって思うのは 「ショップに…

見えないあくをすくうような仕事

万年筆画家と母を兼業しています。 今年の春から、月曜日に限ってむすめが下痢コミの腹痛を訴え、学校を休むようになりました。月曜は、数年続けてきた習い事も夕方に入っているのですが、それも休みがちになってきています。 以前にもおなかを壊しやすい時…

どこまでもやさしいインク画で強く挑戦する

万年筆インク画家です。 最近は黒い背景の上に繊細な線を描いたりしてみたかったので、お絵かきアプリ "Autodesk sketchbook" を使って描いていました。デジタル画を手描きのようにすいすいと気持ちよく描けて無料(驚)。 子どもの頃は、親の仕事用PCである…

ジャスミンチャ

かりかりにかわいたせんたくもの とりこんで とりこんで とりこんで とりこんで わたしはどのように生きていこう と ゆげにたつかおりでめざめる 万年筆インク(裏葉色、JADE NOIR) / ガラスペン / グラフィーロ紙 ※今週のお題「母の日」

チョークアート抒情派(母の日編)

万年筆インク画家です。 インクで描く以外の活動も、遊びのように色々やるようになりました。 「コガネイチーズケーキ本店」の壁面チョークアートは、過去記事をみるにちょうど1年が経過しました。たまに元店員のかたが描いていくこともあるようなので、ゆる…

無印良品のキッズコットンスニーカーにお絵描きしよう

万年筆インク画家です。 連休中のおうちデー、子どもがじっくりと楽しくおうちで取り組めた製作モノ有り。 うまいこと1日つぶせましたのでご紹介します。 久しぶりに無印良品を眺めに行ったんですけど、キッズのコットンスニーカーがだいぶ良かったのです。…

思い出のショップカードをフランス額装仕立てに

万年筆画家です。フランス額装といって、薄手でシャレオツな(自分で言ったら負け)額の研究もしています。自分の作品をフランス額装仕立てにするのを続けていたら、「自分のこれも同じように仕立ててもらえないか?」というご要望を、仕事として承る機会に…

基本は変わらない、ひとつの同じこと

万年筆インク画家です。心の拠り所として空手の稽古を続けています。 画家になることを決めて活動し始めたこともあったし、子どもたちのイベントも多かった、夏にかけてずっと仕事(うなぎ屋さんの手伝い)も忙しかった。言い訳はたくさんあるけれど、稽古に…

「花は咲く」で人が咲かせる花のこと

万年筆インク画家です。 台風だとか地震が続いています。自分のところもけっこう強めに台風が来たのだけど、もう連絡をとることがないかも知れなかった遠方の知り合いから、「大丈夫だった?」とメールが来たのでした。 とても嬉しかった。 それから、コミュ…

幸福度とコミュニティ【後編】

1つ前からの続きです。 自分が【濃くて大きいコミュニティ】ずき・・・というか中毒で、現状は【うすめのコミュニティ】にしか含まれていないことが、暮らしをつまらなく感じさせていることが分かってきました。 コミュニティを自分から増やしにいく ではど…

幸福度とコミュニティ【前編】

絵作品を作りながら、母業をやっています。きょうは秋雨、傘をさしながら。 暮らしがつまんない=コミュニティの問題かも 社会人ほやほやの頃はIT系に勤めていました。それから約20年経ち(!)、先日、自分の身内とその先輩方が同じ会社へ転職。彼らの部…

この身体はひとつなれども

ひとりめがだいぶ大きくなっちゃったんで、二児の母です、という自己紹介もうやめようかな。a.k.a.二児の母です。 ショートの髪にはオイルとワックスを手のひらで混ぜたものをこすりつけていて、 「これは、地元の長年お世話になっている美容師Aさんが教えて…

にせドMなしくじり先生の愛 - 「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか

今回は表題の本に関するレビューです、二児の母です。 本業(会社員)のほかに画業をやっていきたい思いが、最近固まりました。 なので、自腹切り切り素材を買い込んで製作をしたり、アートの値段を見て歩いているうちに、アートの値段の付け方について調べ…

ヒップホップの歩き方

自分の中の化学変化を楽しみたい、二児の母です。 「稼ぐための仕事が今はあるけど、自分はこっちに行く」と強く意識して絵を描くようになったら、仕事中も絵の作業中も、聴いている音楽のジャンルを、ガラッと変えたくなりました。 耳からも新しい刺激を得…

オフィスを魔窟にしていい人の条件

小さな事務所で最善を尽くす、二児の母です。 きょうはいつもの事務所仕事が片付いたので、ひとり、物理的な「片付け」作業をやっていました。収納場所の割に小さすぎる箱へ山積みに備品が入っていたりして、そこを掘ってみたところ、安いからまぁいっかと自…