ママちゃんは最強漬け。

ふつうのおうちであれこれマニアックに調べ上げるママちゃんの備忘録

ひとくちルマンドはルマンドにあらずなのか

検証止まらず。ママちゃんです。

夜中に知人からLINEが来て、一体どうしたのかなと思ったのですが、こう書いてありました。

「ひとくちルマンドは、ルマンドにあらず」

 

一体どうしたのかなという疑問は晴れませんでしたが、

随分な言い方だなと思ったので、以下に比較レビューします。

基本ルマンドをおさらい


f:id:azarenia:20200415181919j:image

基本の「ルマンド」は、きわめて薄く焼かれたクレープ生地を重ねたところに、これまた薄くココアクリーム(チョコとはパッケージに書いていない)がコーティングされているお菓子です。

かなり久しぶりに食べたんですが、驚くべきことに、

ココアクリームは、クレープのサクサクとした非常に軽い食感をまったく邪魔せずに、味添えを実現しています。

 

ひとくちで入りきれない長さがあるため、かじったあとは生地が壊れまくってぼろぼろ落ちます。

クレープロールの中からもどんどん壊れてきて、収拾がつかなくなります。

安定した生活が続いており収拾がつかない行為に飢えているかた、自分が手に入れたと思っていたものの儚さを味わいたいかたにはおすすめのお菓子です。

絶対にお皿の上で食べてください。

 

ひとくちルマンドとは


そこを解消すべく新発売されたのが「ひとくちルマンド」です。

こちらは、ルマンドの「食べたら崩れる問題」問題だけでなく、基本ルマンドではその薄がけゆえにすぐ溶けて手についてきたココアクリームが手につきにくい工夫までなされています。

手軽に、どこも汚さず食べられるというところが売りになっています。

基本のルマンドとけっこう違う


ルマンドは、安価なお菓子でありながらその繊細さから優雅さを醸し出しています。

今回は比較食べをしたので尚更そのイメージを抱きつつ、初めてひとくちルマンドのパッケージを開けたのですが

 

・・・僭越ながら

「岩かな、」

と思いました。


f:id:azarenia:20200415181934j:image

 

言わずもがなではありますが、写真の上が基本ルマンド、下にあるのがひとくちルマンドです。

長さだけではなく、見た目がもう全然違います。基本ルマンドを縮めても、ひとくちルマンドには決してならないのです。

 

これは、ひとくちルマンドが「ひとくちで安全に行く」ことを潔く追求した結果なのです。

望む望まないに関わらず、進化したと言っても良いのかもしれません。

 

外側をコーティングしているのはココアクリームではなく、それと同じ風味に近づけたチョコレートです。

この質感は、基本のルマンドがマットタイプであることにまた対照的です。

しっかりと頑丈で、ツヤツヤしています。

ママちゃん知ってる。今、こういうツヤツヤコーティングなチョコって、ホント手で触ってても溶けにくいよね~。

 

コーティングを頑丈にした結果、ひとくちルマンドは、基本ルマンドにあったコーティングとクレープの統一感を失いました。

また、基本ルマンドではクレープ層の比率が最も高かったため、そこの香ばしさを感じ取ることができたのですが、どうもひとくちルマンドのクレープにはそれよりはパワーが無い感があります。薄さも、ちょっとがさつになっているような気がします。

 

基本ルマンドは、「全体的に体が薄くて妖精みたいな、大事にしなきゃいけない感じの女性」だったのです。

ひとくちルマンドは「小粒で元気でプリっとした女性」です。

基本ブルボンとはもう違う子なんだから、同じ良さを追い求めるのはよしてください。

彼女にもいいところはたくさんあるのです。

なぜならママちゃんがそうだからです。

 

熱いコーヒーのおともには、どちらもおすすめです。

※お題「#おうち時間