ママちゃんは最強漬け。

ふつうのおうちであれこれマニアックに調べ上げるママちゃんの備忘録

どこまでもやさしいインク画で強く挑戦する

万年筆インク画家です。

最近は黒い背景の上に繊細な線を描いたりしてみたかったので、お絵かきアプリ "Autodesk sketchbook" を使って描いていました。デジタル画を手描きのようにすいすいと気持ちよく描けて無料(驚)。

子どもの頃は、親の仕事用PCである旧型白黒Macの小さいディスプレイを見ながら、右手でマウスを持ってドット絵を描いてたりしてたんで、すごい未来きてるなぁと思います。

 

デジタルで描いたほうが、色合いがしっかりして目立つ絵になりますし、ネットへの投稿も楽です。対して、万年筆インクは水でにじんだり日光で褪せたりするので保管に気を使わないといけないし、描いた絵を見えている色どおりに撮影・スキャンするのも難しい。色合いが繊細すぎる。

 

そう。繊細すぎるところが好き。

ガラスペンにつけたインク量の度合いや水でのぼかしによって、自分の予測した以上の色合いをインクが出してくれる瞬間がある。

それが、たまらなくやさしい色合いであったりもする。

 

怨念情念恨み憎しみをどろどろに煮込んでいる状態に陥ることもある。それでも常にこの手からはやさしい絵しか生まれてこないのは、そんな万年筆インクの力に拠るところが大きい。

 

この世に「在る」画材で、まだこの世に「ない」やさしい美しいものを生み出したい。

 

そんな思いで幾つかねずみにまつわる画を描き、東急ハンズ主催の年賀状コンテストに応募したところ、ひとつが一次審査を通過しました。エントリー80作品中、投票によって選ばれた40作品が製品化されます。

すべてのエントリー作品を拝見したところ、やはりおしゃれでくっきりと目立つデジタル画が殆どでした。わたしの作品ははっきり言って目立たず、俯瞰したら少々がっかりもしました。自分だったら〇番に投票するわとか。

 

しかしわたしは、このねずみさんの顔をすいっと描けたときに、これが自分に合っていて自分にしか描けないものだと確信をもったことを思い返します。

 

https://www.instagram.com/p/Bx1M7SZBL2l/

 

受け取ったひとが、まだ寒い気候の中でも

心がほわっとあたたかくなるような年賀状を。

 

やさしい気持ちを、ぶれずに「強く」持つことはできる。

瞬間的なものかもしれないけれど、わたしの中においてやさしさと強さは共存し、それを結晶のように固めて保存しておけるものが絵なのでしょう。

このまま、いつも前に進んでいけたらと思います。

 

28番です。投票やシェア、お待ちしております。

https://printing-service.jp/vote2019/

#「迷い」と「決断」

----------
2019 年秋、この作品は同コンテストにて優秀賞をいただき、全国の東急ハンズ店舗およびインターネットサイトにて販売されました。こちらを読んでくださった皆様、応援してくださった皆様に、深くお礼申し上げます。

----------

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

チョークアート抒情派(母の日編)

万年筆インク画家です。

インクで描く以外の活動も、遊びのように色々やるようになりました。

 

コガネイチーズケーキ本店」の壁面チョークアートは、過去記事をみるにちょうど1年が経過しました。たまに元店員のかたが描いていくこともあるようなので、ゆるめに継続中です。

先日は、

・新しい道具を使いながら

・自分らしいものを描く

というチャレンジをしてきましたのでご紹介します。

f:id:azarenia:20190507082913j:plain

メイン (入店した人からはこう見えます)

この視点からシンメトリーに見えることを心がけたので、計測(目印つけ)に時間をかけました。1時間かかっちゃったのでスピードアップをはかりたい。

 

1mのアルミ定規を使用。壁面左右すその下側から10cmずつ印をつけて、必要な大きさの目盛りを粉チョークで描いたところ。

f:id:azarenia:20190506121628j:image

花の下絵を粉チョークでかるく入れ、遠くから見て花のすき間のバランスを考えてから、本番描き。

細かく付けた目印と新しい道具「ポストチョーク(ウエットワイプ)」のお陰で、本番描きはスイスイはかどり、1時間程度で完成しました。

実に描きやすい。ラクに線が伸びるって、ほんとそれだけで楽しいんです!

こういう道具が出たことで、看板や壁面へ描く敷居がさらに下がってそうですね~!

f:id:azarenia:20190507083051j:plain

「ウエットワイプ」タイプは、水拭きしたときに落ちる。ということは、粉チョークで上からなんか描いても落ちない。

ということで、マーカーとチョークのダブル使いをやってみました。

色は白のみで統一。

 

ポストチョークで描いた上から粉チョークを横使いしてゴリゴリ平たくチョークを付け、ボンヤリしたハートを描いています。母の日付近なのでカーネーションを描こうと最初は思ってたんですけど、花のボリュームがけっこうでかくて派手派手になるので、ナズナにしました(1年前の同時期もナズナ実写版を描いています笑)

メッセージの "Thanks" は父の日にも使えますし、「1枚で何度もおいしい」アートにしておくことは(時期を決めて頻繁に描くという契約を交わしていないので、お店と描き手双方において)けっこう大事です。

 

ここの黒板壁はでこぼこした素材で、いい具合に粉の白さがほんのり残ってシャビー感が出ているから、マーカーだけでパキッとアーバンに描くよりはぼんやりした風合いの絵が似合います。調度品もシャビーシックで統一されているのでなおさら。

f:id:azarenia:20190507083402j:plain

全体像。お客さまの目に留まる右上に、毎回小さなモチーフを描いています

 

f:id:azarenia:20190507083526j:plain

右上アップ。お店で販売しているはちみつに関係あるモチーフにしています

最近絵の先生から「ゼンタングルいいよ、是非やってみて!」とお誘いいただいたので、ここんところ連続した幾何学模様を描きたくなっていました。そこで、ナズナをこういう連続した模様のような描き方にしています。

絵の下のほうはどうなっているんだろう?とのぞき込むお客さまがけっこういらっしゃるとのことなので笑、全体としては下のペン描きのように縦長に描いてあります。

f:id:azarenia:20190507090734j:plain

ノートに描いたモチーフ案。現物と一部異なります


はかなくて優しげな、モチーフや線づかいが好きです。今回のチョークアートも、普段のようにインクで線を引く下絵からはじまっているから、そこは変わりません。

現在日本でもチョークアートは活況で、ひとつの職業として成立するに至っています。黒アイアン・レンガ・コンクリートといった屈強なインテリアに似合う、パキッとかっこいい感じの「ブルックリンスタイル」が主流です。皆さんが目にしている「カッコイイ系」は「あー、ブルックリンスタイルだ」とほかの人にしゃべって頂いてOKです。

「どこもかしこも駐車場~♪」は森山直太朗さんの名曲ですが、看板や壁に描かれたアートを見るに「どこもかしこもブルックリンだわ~♪」なんて思う。

ということは、その流行はどこかで一気に廃(すた)れます。

なのでやはり、自分の好きな雰囲気やかたちをチョークアートというキャンバス・画材を借りて落とし込めれば、それでよい。お店に貢献することが第一ですが、自分のスタイルは通していこうと思います。いつもと違うキャンバスの前に立たせてもらうことで、自分の表現したい揺るがないものを再確認するよい機会となっているように、今回は改めて感じました。

 

こちらのチョークアートは一か月ぐらい展示していただくことになるかと思います。

お店のチーズケーキは「おいしくて体にやさしい」をモットーにしていて、なかなか人気があるようです。是非本店のほうへ足を運んでみてくださいね!

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

無印良品のキッズコットンスニーカーにお絵描きしよう

万年筆インク画家です。

連休中のおうちデー、子どもがじっくりと楽しくおうちで取り組めた製作モノ有り。

うまいこと1日つぶせましたのでご紹介します。

 

久しぶりに無印良品を眺めに行ったんですけど、キッズのコットンスニーカーがだいぶ良かったのです。つまさきが広くて紐はゴム。なにより子どもが「白いほうを買ってこれに絵を描きたい!」と言い出しました。

f:id:azarenia:20190504155123j:plain

ぺんてる 布描き絵の具にて着彩

 

たまたま昔買っておいた布用の絵の具にて、うまくいきました。ぺんてるの布描き絵の具だと、水でぼかして描くこともできますし、一度乾けばにじむこともありません。

 

布に描くための画材って今はいろいろあるんですね。「布用」で検索してみると、絵の具だけでなくマーカーやクレヨンまで見つかりました。

このシューズのシリーズにはスリッポンもあります。マーカーで線画とか文字を描いたら、かっこよく仕上がりそう!

サイズが21センチまでしかないのが残念なぐらいです・・・

 

一応、完成後に撥水スプレー(靴屋さんとかに売ってます)をしっかりかけました。

よく考えると、このキャンバス地がそもそも撥水効果をうたっており(てへぺろ)、小雨に降られたときにちゃんと撥水している様子が見受けられました。

 

「おかあさんがよくかいているねこがここに入らないと、このくつは、かんせいしないから。」

と言われ、いつもの青線でねこを描いてあげました。

子どもは大好きなモチーフや色が詰まったシューズがとても気に入っていて、お出かけが超楽しそう。子どもの好きなものを描いてあげてプレゼントするのもいいですね。

 

無印良品は、シューズに限らず無地のアイテムをたくさん売っているので、紙以外の素材に描ける画材も一緒に売り場に置いといてくれたらいいなぁ。

布用に限らず、陶器用とか~。

 

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

思い出のショップカードをフランス額装仕立てに

万年筆画家です。フランス額装といって、薄手でシャレオツな(自分で言ったら負け)額の研究もしています。

自分の作品をフランス額装仕立てにするのを続けていたら、「自分のこれも同じように仕立ててもらえないか?」というご要望を、仕事として承る機会に恵まれました。

ご依頼主の許可をいただいたので、ユニークで洒落た今回の依頼作品についてご紹介します。

f:id:azarenia:20190320141402j:plain

その地では有名な、老舗バーのショップカードだそうです。
名物のマスターは豪快洒脱なかたで、還暦のお祝いにバラのタトゥーを入れたとか、店内入り口はラメの入った赤いびろうどが壁に貼られているとか、自分のような小心者には胸のすくようなかっこいいお話ばかり。
そんなマスターが少し前に亡くなられ、営業が続いていたバーもいよいよ閉店が決まったということで、ご依頼主と相談を重ねながら、マスターやバーの思い出をこういう形に仕立ててみました。


カードの周囲には、上記の壁を彷彿とさせるようにラメ入りの赤いサテン生地を選びました。しっかりとキラキラさせるべく、日本絵具の「青金」を(にじまずいい塩梅にスプラッシュする濃さに水で溶く実験を重ねてから)ピッピッと布地に跳ねさせたところなかなかにROCKなゴージャスさが出て、亡きマスターの雰囲気に近づいたように思います。

f:id:azarenia:20190320142251j:plain

ご依頼主のご要望で、カード下にはこのバーの営業年を紙でつけました。

カードの文字や背景生地に馴染むよう、文字はカードのものと似たフォントをワインレッドで印刷し、手持ちのブラウン系万年筆インクでヨゴシを入れてアンティーク感を出しています。

f:id:azarenia:20190320142552j:plain

裏は、黒いカードに合わせて黒を選びました。金の縁取りが映えます。

通常のフランス額装だと、縁取りは黒やダークカラーで締めることが多いです。

しかし、亡くなられたかたとお店のメモリーとはいえ、湿っぽいものにするのは今回なんだか違いました。それに、黒系で縁取るとまさに遺影のようなイメージに寄ってしまって、余計に悲しい気持ちになってしまうだろうなと考えられました。

金色で縁取ったことで、亡き人を偲びつつも背筋がシャンと伸びるというか、
「ああ、あんな豪快なかたもいたなあ」

という、力強くて前向きになれるような思い出の品にすることができたように思います。

今回の色指定はだいたいの構想をご依頼主が持っていらして、その素晴らしく洒落た構想に乗っかりつつ、(これまでは紙だけで仕立ててきましたが)布地という新しい素材で研究を重ねて提案に持っていったステップは自分にとって新しい冒険となりました。
テストや失敗もずいぶんあって、でも「折角がんばったから」とかいって要素を入れすぎることなく、比較的シンプルにまとめられて良かったです。

ご依頼主は気づけば長年お付き合いさせていただいているかたで、美意識というか美センスがカミソリみたいに尖っているかたにつき、完成品ご提出の際にはビビらざるを得ませんでした。完成品をお見せして凝視されているときもビビッていましたが、

「あー、うんうん。よくできたんじゃない?」と言っていただいて物凄くホッとしました。ε-(´∀`*) (笑)

 

※creema で作家登録をはじめました。他の作例も掲載しています。

https://www.creema.jp/c/momokei/item/display

 

 

 

基本は変わらない、ひとつの同じこと

万年筆インク画家です。心の拠り所として空手の稽古を続けています。

 

画家になることを決めて活動し始めたこともあったし、子どもたちのイベントも多かった、夏にかけてずっと仕事(うなぎ屋さんの手伝い)も忙しかった。言い訳はたくさんあるけれど、稽古に行く回数が昔より少なくなりつつありました。

仕事休みの平日は絵のことをがんばろうかと思っていたんだけど、週に一度も稽古に行かないのはなんだかきもちわるい体質になっているようです。

 

今日も「稽古に行けてよかったな」と思いながら道場をあとにしました。

 

せんせいは今、組手(試合みたいに殴る蹴るすること)の前になすべき「基本の所作」をとても大切にしておられる。稽古の内容、最近の出来事のおはなし、全てが「強さって何だろう?」というところに行きつく。

本日のたいせつなトピックスは2つ。

うまくいかない、なんて当たり前

長く続けていることに対しても、すごく些細な挫折やうんと小さな怪我がきっかけで気持ちが折れてしまい、すっぱりと辞めてしまう人っています。それに対して先生が

「なんでもうまくいく、なんて思ってるんですかねぇ。自分はうまくいったことなんて、・・・ないですけどねぇ。」

と笑いながらおっしゃっていました。

わたし自身も、まじめ時代(笑)に何度も空手を辞めようと思ったんですが、良くも悪くも「ゆるさ」を持つことで10年も続けてこられました。

うまくいかなさ、は絵を描いていても毎回感じることです。なんせ、王道のデッサンをすっ飛ばして本能で突き進んでますからねえ。それでもまぁまぁ、インクさんが勝手にいい感じに仕上げてくれたりして気に入るのが描けたりするんで、もうこれでいい、これを続けていくだけ、と思っています。だってわたしはもう人生を半分過ぎていて、時間があまり残されていないんですから(長生きする自信はあるけど)。

 

基本はかわらない、ひとつの同じこと

武道の立ち方というものがあって、ちょっと脚の内側に力を入れると「サンチンの型」の立ち方になり、つま先の向きを揃えると「ナイファンチの型」の立ち方になり、そこから片足だけ一歩前に出て拳を握ると組手の立ち方になります。
繰り返しになりますが、すべてひとつの同じ立ち方からほんの少しだけ変化しているだけだし、いずれも内面(重心と心持ちと骨バランスになんかを加えたもの)は同じ。

f:id:azarenia:20181027075631j:plain

使用インク: 京の音「秘色」、色彩雫秋桜


わたしは今、いろいろなスタイルの描き方を試しながらいろいろなものを描いているところなんですが、そこに「同じもの」は一本通っているっけ?・・・ああ、通してきたつもり。結局のところ、滲み出てしまうものがある。
再確認させられました。

 

以前よりも

「これは、せんせいが折角その生涯をかけて教えてくれようとしてくれていることなんだから、ひとつも取りこぼすまい」
と思ってせんせいのお話を聞くようになった自分が居ました。これは、あまり来られなくなったからせんせいのお話を新鮮に感じる、ということではなくて。

「毎日絶えず、ひとつの道を進むということ」の難しさや自分なりのこつを考えるようになったからかなと思います。

 

 先生は空手を何十年も辞めていない。そのことを、「先生」なんだから当たり前、とはもはや思わないです。 

「花は咲く」で人が咲かせる花のこと

万年筆インク画家です。

 

台風だとか地震が続いています。自分のところもけっこう強めに台風が来たのだけど、もう連絡をとることがないかも知れなかった遠方の知り合いから、「大丈夫だった?」とメールが来たのでした。

とても嬉しかった。

それから、コミュニケーションはまた少し続いた。

 

東日本大震災のときに作られた応援ソング「花は咲く」の歌詞では、

花は咲く

いつか生まれる君のために

なんて言葉がある。今回のやりとりでわたしは思った。

人間が咲かせられる「花」、それは、あたたかなねぎらいのコミュニケーションだ。と。

この歌詞でいうところの花とは、ありのままの花でも良いし、もしかして前を向こうとする人間の笑顔なのかも知れない。そこに、「ねぎらいのコミュニケーション」を足したって、いいじゃないか。

 

谷川俊太郎さんが「一輪の花のように、一遍の詩が書けたなら。」というタイトルだかなんだったか、そういう言葉をどこかに置いた。

自然のものは貴くて、ただ生まれるままの美しさに勝るものはないんだけど、大きな土地ごとの心配事をきっかけに日本のあちこちではおそらくきっと、たくさんの小さな花がぽっぽっと人間の心の中に咲いていて、日本の土地の全体がそういう花に包まれていたに違いない。

f:id:azarenia:20181005174420j:plain

 

お題「今日の花」